バイアグラのQ&A

 

バイアグラと喘息の薬は併用可能ですか?

 

併用可能なケースと不可のケース、どちらもあります

45fb3a556bbfe878b0b0453a1f3ce544_s
バイアグラの併用禁忌としては塩酸アミオダロン製剤や硝酸剤が挙げられます。

これらが含まれる薬を併用すると血圧に重篤な異常を来してしまうことになるため、併用してはなりません。

喘息の薬は硝酸剤が含まれていることがあり、そのためバイアグラとの併用はおすすめできないのです。

一部の研究によって吸入するタイプの喘息の薬ならば効果が全身に現れるわけではなく、気管支にだけ効果があるため、バイアグラと併用しても問題ないという報告もあります。

服用するタイプの薬の場合は併用禁忌に触れてしまいますので避けるべきといえますが、吸入タイプの場合は必ずしも危険とはいえないのが現状です。

しかしながら専門知識を持たない個人が勝手に併用するのは危険ですので、たとえ吸入タイプであっても必ず医師に相談するようにしてください。

バイアグラと喘息の薬は、できれば併用しない方が無難でしょう。

バイアグラと硝酸剤を併用することは危険です

バイアグラはもともと狭心症の治療薬として開発が進められていた薬で、血圧を下げる効果が期待できます。

バイアグラの併用禁忌にニトログリセリンなどの硝酸剤と記されている理由は、両者が体内で反応することによって細胞内cGMP濃度が高くなり、急激に血圧が下がる可能性があるからです。

症候性低血圧はめまいや立ちくらみ、倦怠感などを引き起こすことになり、ひどい場合だと血液の循環が悪くなるために心臓や肝臓など、生命を維持するために必要となる臓器の活動が阻害されることにつながるため非常に危険です。

バイアグラは身近な存在となり、ED治療のためだけでなく中折れしてしまう方、性生活に自信が持てない方の強い味方となりましたが、一方で喘息薬というこれもまた身近な薬によって危険が忍び寄っているといえます。

両者の併用はできる限り避けておくのが無難で、併用したい場合には必ず医師の相談が必要となります。

バイアグラの副作用について

69944036612dc50417a1788ef073f0f9_s
バイアグラは非常に優秀な薬で、気になるような副作用はありません。

一応、倦怠感や目の充血、頭痛、顔の火照りなどの副作用はありますが、それほど危険というわけではなく、むしろこれらの症状はバイアグラが効き始めたことを表すサインのようなものといえます。

服用した人の多くにこういった症状があらわれますので心配はいらないでしょう。

副作用が気になるという場合には、バイアグラは服用せずに食べ物による精力増強をお勧めします。

特に亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれる成分で、継続的に服用を続けていくことでEDの改善効果も期待できますので、性生活に悩みのある方は日々の食事に取り入れていくとよいでしょう。

この他にもニンニクは精力を付けるために有効な食材となりますので、こういった食材を食事に織り交ぜてみることをおすすめします。

服用の際には医者、薬剤師の指示を受けることが大切です

バイアグラは特許の有効期間も切れたことによってさまざまなジェネリック医薬品が登場しています。

ジェネリック医薬品のほうも厚生労働省による認可を受けていますので、バイアグラと同じく安全に服用することができます。

しかしながら他の薬と併用すると人体に害を及ぼす可能性もありますので、医者や薬剤師の指示を受けるようにしましょう。

最近ではED治療専門のクリニックなどで処方してくれます。

また、海外で生産されたジェネリック医薬品を個人輸入することも可能であり、これを行えば受診の手間も省けはしますが、医師の入念な安全性チェックが入らない、用法と用量の指示が受けられないという問題があるため、この方法はおすすめできません。

夢の薬として一躍有名な薬となったバイアグラですが、服用の仕方次第で毒にもなりえるということはしっかりと認識しておくべきです。

(まとめ)バイアグラと喘息の薬は併用可能ですか?

1.併用可能なケースと不可のケース、どちらもあります

喘息の薬が吸入するタイプか服用するタイプかによって、バイアグラとの併用が可能なケースと不可能なケースが分かれることになります。

併用を希望する際には必ず主治医に相談するようにしましょう。

2.バイアグラと硝酸剤を併用することは危険です

バイアグラは硝酸剤との併用は禁忌とされています。

両者を併用すると症候性低血圧が引き起こされる可能性があり、体に重篤な害を引き起こす可能性がありますので併用は避けなければなりません。

3.バイアグラの副作用について

バイアグラは副作用のある薬ですが、重大な危険が及ぶことはありませんので安心して服用できます。

もしも副作用が気になる場合には亜鉛を含む食べ物を用いて改善効果を期待してみると良いでしょう。

4.服用の際には医者、薬剤師の指示を受けることが大切です

バイアグラのジェネリック医薬品を海外から個人輸入することも可能です。

しかし、容態には個人差があり、薬の服用すべき量についても個人によって異なるため、できれば専門クリニックにて診断をしてもらった後に服用するようにしましょう。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。

クリニックの選び方

ED治療

おすすめクリニックはこちら