バイアグラのQ&A

 

バイアグラと緑内障の関係性って?

 

一部例外を除き、基本的に心配する必要はありません

282889b44a9
緑内障は、日本人に多く見られる疾患です。

最悪の場合失明に至る可能性もあるため、兆候が見られる人や進行中である人は注意しなくてはなりません。

ですが、基本的にバイアグラが発症や悪化へ影響する心配は必要ありません。

確かに、バイアグラは性質上陰茎のみならず、全身あらゆる箇所に影響が及びます。

緑内障を心配している、また現在罹患している人は、不安も感じることでしょう。

ですがバイアグラの製造元である医薬会社から発行される添付文書で、緑内障が副作用として危険視すべき症状であるという記載はないそうです。

そのため、基本的には安心しておいて問題ありません。

ただ、低頻度ながらわずかに影響を与えるかもしれないというニュアンスは見られるのが実際のところです。

影響しにくい使用法や注意への意識をもって、活用することが大切です。

緑内障ってどんな病気?

緑内障は、日本国内における有数の失明原因に数えられる目の疾患です。

特徴としては、視神経乳頭の陥没に一致した視野欠損が見られること、そして大規模臨床試験上、科学的根拠のある治療が眼圧下降のみである点が挙げられます。

また進行性であることから、発症当初軽度の症状であったとしても、伸展具合により失明へ繋がる危険も伴います。

次に発症頻度ですが、2000年の統計調査において潜在患者数は約400万人であったというデータがあるそうです。

日本人口のおおよそ30人に一人の割合であるため、かなり起こりやすい症状といえます。

さらに気になるデータとして、EDを併発している緑内障患者も少なくないという点です。

その背景を知っているEDの人であれば、より緑内障に関する不安も大きいことでしょう。

緑内障には、眼圧が大きく関わっています。

バイアグラには血行を促進させ、血流増進により勃起を促すという作用が期待できます。

眼圧上昇にも繋がりかねない仕組みであるため、心配になるのも無理はありません。

ですが、実際の影響具合を把握しておけば、その不安も大きく低減できます。

安心に繋がる情報を以下で取り上げているので、ぜひ目を通しておいてください。

バイアグラ使用について緑内障の心配がそこまで必要ない理由って?


冒頭で触れたとおり、バイアグラを製造する製薬メーカー発行の添付文章で、副作用報告として緑内障は上がっていません。

バイアグラは厚生労働省にも認可された信頼できる薬であるため、この情報は信憑性あるもの考えておいて問題ありません。

そのため、副作用として発症、影響するケースは基本的にないといえます。

一点注視すべき点としては、ごく低頻度ながら眼圧上昇に繋がる可能性はあるというものです。

前述でも挙げましたが、緑内障には眼圧の上昇が大きく関わっています。

バイアグラの緑内障に関する安全性は、眼圧上昇の有無で決まるといっても過言ではありません。

とはいえ、こちらに関しても因果関係が明らかな緑内障発生は認められないと解釈されています。

二重盲検法試験において、統計学の観点から見て有意な眼圧上昇は確認されなかったそうです。

こうした情報を総合して、いずれの面から考えてもバイアグラが緑内障へ影響する危険性は、極めて低いといえるでしょう。

安心してED改善に使用して、問題ありません。

リスクをより低減するには

バイアグラ服用そのものにおいては、そこまで心配する必要がありません。

ただバイアグラ使用は、ほとんどの場合性行為に向けたものかと思われます。

そこで気にしておくべきなのが、性行為そのものにおける緑内障への影響です。

EDの人であっても、バイアグラを服用することで、有効成分シルデナフィルにより一時的な改善が期待できます。

諦めていた性行為を再度実現でき、アドレナリンも高まることでしょう。

ですが激しい性行為は、医学的観点において軽運動の一つともされているほど、負担が大きいものです。

これに伴い、眼圧上昇の可能性は少なからず懸念されます。

またマーコヴィッツ症候群といって、腹臥位における性行為は眼圧を上昇させ緑内障発作を来すとされています。

バイアグラに関係なく、性交体位が原因となり緑内障へ影響する場合もあるということです。

バイアグラは国にも認められた、安心感のある薬です。

ですが体質や体調、持病は人それぞれであるため、すべての人に安全性が合致するとは限りません。

どうしても心配なら、軽視せず、あらかじめ担当医師に相談することをおすすめします。

(まとめ)バイアグラと緑内障の関係性って?

1.一部例外を除き、基本的に心配する必要はありません

バイアグラに関して、正規添付文章上副作用として緑内障が現れる心配はないとされています。

とはいえ、わずかながら原因に繋がる面も持っています。

そのため、使用法や注意への意識を持っておくにこしたことはありません。

2.緑内障ってどんな病気?

緑内障は、日本人が発症しやすいとされる目の疾患です。

視野欠損からはじまり、最終的には失明も懸念されます。

EDとも関連深いとされていますが、バイアグラの作用はそこまで影響しないので、あまり心配する必要はありません。

3.バイアグラ使用について緑内障の心配がそこまで必要ない理由って?

まずそもそも、バイアグラ製造メーカーの添付文章において、副作用として緑内障は上がっていません。

眼圧上昇に関しては低頻度でありながら起こる可能性があるものの、統計学的観点からその面も問題ないと解釈されています。

4.リスクをより低減するには

緑内障に影響を及ぼす眼圧上昇は、激しい性行為から発現する可能性もあります。

また、腹臥位での性交も、緑内障患者が懸念すべき点です。

バイアグラ自体は安全性の高い薬ですが、不安な場合はあらかじめ医師に相談しておくべきです。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。

クリニックの選び方

ED治療

おすすめクリニックはこちら