バイアグラのQ&A

 

バイアグラって保険適応薬?安く買う方法は?

 

バイアグラは保険適応していない薬です

b123ba6fef7
バイアグラは、安全なED改善薬でありながら、保険適応していない薬です。

そのため、日本国内どこの病院で処方を受けるケースであっても、全額負担が基本となります。

保険適応している薬には、大きなメリットが伴います。

それは、費用負担が抑えられる点です。

最大で通常額の3割にまで引き下げられるため、継続的な服用を必要とする薬では、とてもありがたく感じられます。

とはいえ、保険適応していないことは、デメリットばかりでもありません。

だからこその嬉しい特徴も備えているので、そちらにも注目すべきです。

バイアグラは、特有の作用により従来難しいとされていたED症状を大きく改善へ導く存在です。

利用しやすい存在として把握し、負担に感じることなく日々の生活へ取り入れてみてはいかがでしょう?

バイアグラは何で保険適応してないの?

保険適応には、薬価基準収載しているかどうかがポイントとなります。

収載されていれば、最大3割負担での購入も可能という大きなメリットが伴いますが、薬価基準未収載薬に関してはまったく適用されません。

そしてバイアグラもまた、未収載の部類に入ります。

高い効果が期待できる有効成分を含むだけに、比較的高価ではあるものの、全額負担が基本となります。

この特徴は国内すべての医療機関に適用されるため、全国どこでも同じく全額求められる形となります。

またもう一点、薬代のみならず、バイアグラ処方に関する他の医療行為も保険適応とはなりません。

その点も、継続使用に響くポイントとなるため、覚えておくべきです。

とはいえ、このように料金面では少し負担も感じられるかもしれませんが、保険適応でないことには、メリットも複数伴います。

メリットもしっかり把握できていれば、そこまでマイナスに感じないかもしれません。

保険適応しないことのメリットって?

6798ad1f9ac
まず一つに、保険証を必要としない点です。

病気などで通院する場合、何かと忘れがちなのがこの保険証です。

支払いのタイミングでそのことを思い出し、困ってしまった経験のある人も、少なくないことでしょう。

ですが保険適応していないバイアグラなら、そもそも持参する必要すらないため、心配いりません。

そして薬価基準が決められていないことから、薬代は医療機関それぞれで設定されることも特徴的です。

病院独自の割引なども期待できるため、負担を軽減することに繋がります。

各病院ホームページや公式な比較サービス等の利用により、より条件がよい場所を選ぶと良いでしょう。

また、保険適応されないからといって、インターネット上の個人輸入代行などの利用は避けるべきです。

中には良心的な業者もあるようですが、偽造品などを売る悪質業者も一部存在するようです。

海外大手医療メーカーや国の機関が、共同で注意喚起をするほどに問題となっています。

その点、正規の病院で取り扱われるバイアグラは、偽造品における心配はもちろん、服薬に関する指導なども受けられ安心です。

これもまた、保険適応の有無に関係なくではありますが、医師から処方してもらえるメリットとして挙げられます。

少しでも安く買う方法ってある?

最大3割負担で購入できる保険適応の薬に比べると、やはりバイアグラは少し負担が大きい存在かもしれません。

前述に挙げたような、病院ごとの設定価格の違いを活かしても、それでもなお金額的に抵抗を感じるという人も中にはいることでしょう。

そんな場合は、ジェネリック医薬品を検討してみてください。

ジェネリックとは、薬剤開発元の特許が切れた製品を、ほぼ同成分において別メーカーで製造し、ほとんど効果の変わらない薬品として展開されるものです。

開発元が販売する薬には、研究開発に費やした金額も含まれますが、ジェネリックで販売される薬はそうした額を含みません。

それにより、バイアグラと同様の効果を、比較的安くで利用することが可能となります。

正式なバイアグラとは異なるものの、正式に承認を受けた上で販売されるため、安心して使用できます。

こちらもバイアグラ同様に、医師の処方を通して受け取ることが可能です。

バイアグラの持続時間は、効果発現後約4~5時間です。

そのため、基本的に行為のたび服用しなければなりません。

人によっては、量を要する場合もあるかと思われます。

ぜひジェネリック、そして病院ごとの設定価格などを有効に活かして、負担なくバイアグラの特長を取り入れられるよう工夫してみてください。

(まとめ)バイアグラって保険適応の薬?

1.バイアグラは保険適応していない薬です

バイアグラは、保険適応していないため、基本的に負担額は全額です。

とはいえ、保険適応していないことは何もデメリットばかりでもありません。

メリットも伴うので、そちらもぜひ覚えておいてください。

2.バイアグラは何で保険適応してないの?

薬価基準未収載薬の場合、保険適応しない形となります。

そしてバイアグラもまた、非適応の薬です。

薬代のほか、処方に関連した医療行為もまた同じく適応とはなりません。

とはいえ、非適応であることにはメリットもあるので、安心してください。

3.保険適応しないことのメリットって?

保険適応ではありませんが、保険証が必要なかったり、選ぶ病院によって安くなる場合もあったりと複数のメリットを伴います。

バイアグラ使用の際は、ぜひこれらメリット面に着目して購入してみてください。

4.少しでも安く買う方法ってある?

バイアグラの購入費用を軽減するのであれば、ジェネリック医薬品が役立ちます。

開発元薬剤の特許切れを活かし、比較的安くで製造展開される薬です。

有効成分や効果もほとんど変わらないため、安心して使用できます。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。

クリニックの選び方

ED治療

おすすめクリニックはこちら