バイアグラのQ&A

 

バイアグラは何が適量であるべきなの?

 

あらゆる面で"適量"が重要です

4afbc91340022
服用数はもちろん、あらゆる面で適量というキーワードが重要になってきます。

一般的な健康の概念同様、バイアグラ使用において過度な考えは禁物です。

それでは、適量を怠ることでどういったデメリットに繋がるのでしょうか?

まず、せっかくの効能が薄れてしまうことです。

欲しいときに欲しい効果を得られない可能性があるため、注意すべきです。

また、バイアグラは効き目が強い薬です。

そのため度を超えて使用すると、副作用が起きやすくなってしまいます。

EDが改善するどころの問題ではなくなってしまうので、気をつけましょう。

そして、持病の悪化に繋がる可能性も懸念すべきポイントとなります。

とはいえ、基本的にバイアグラは安全かつ効果的なED改善薬です。

適量さえ意識できていれば、安心して理想的な作用を期待できます。

どんな適量を怠ると効果が薄れるの?

まず、危険性はそこまで高くありませんが、効果の薄れるケースについてです。

正しい効果が得られなければ、せっかくのバイアグラも意味がありません。

しっかり活用できるよう、注意点を押さえておきましょう。

このとき重要になる”適量”は、飲食物についてです。

まず食べ物についてですが、食事を摂り過ぎた後服用すると、成分が行き届きにくくなり、効果は薄れやすくなります。

特に油分の多い食事は、影響しやすいです。

服用前のタイミングで食事を摂る場合は、腹八分目以下に量を抑え、またできるだけさっぱりとしたメニューにしましょう。

理想の状態としては、食事を摂っていない空腹時になります。

そして次に、飲み物です。

特に気をつけたいのは、お酒です。

アルコールとの飲み合わせについて、バイアグラはそこまで注意する必要がありません。

服用に使う飲料としてお酒を選んでも、問題ないほどです。

ただ服用時、もしくは前後の食事でお酒を飲み過ぎると、効果低減に繋がります。

酔いで感覚が鈍くなることにより、勃起は弱くなるためです。

またその他、乳飲料についても避けるべきです。

腹内に膜を張るため、バイアグラ成分が吸収されにくくなります。

副作用が起きやすくなる理由って?

3b5fe2054568a78d01bdf1147373ec15_s
バイアグラと一口にいっても、種類があります。

大枠としては、25mgタイプと50mgタイプです。

これは錠剤の重さではなく、有効成分フィナステリド量を表しています。

もちろん、成分含有量に応じて、別の種類として製剤されているからには、作用の強さが異なります。

体質や持病を考え、医師の指示に従い、どちらを服用するか検討する必要があります。

そうした理由から、適量以上の服用には大きな危険が伴います。

効き目が高まり、体への負荷も大きくなり過ぎるためです。

適量としては、1日1回、1錠とされています。

稀に糖尿病や高血圧といった持病の兼ね合いで、複数服用を提案される場合もあるようですが、個人で判断するのは危険です。

また使用ごとに、24時間の間隔を空けることが推奨されています。

また、効き目が高まるといっても、かならず勃起作用の向上に期待できる訳ではありません。

むしろ副作用が起こりやすくなるというリスクに繋がるため、さらなる改善へ向けた飲み過ぎは禁物です。

1日1回1錠の適量を守りましょう。

持病が悪化するケースとは?

バイアグラの有効成分シルデナフィルに期待できる効能は、血管拡張作用での血行促進です。

血管を広げ、血圧降下により血流をスムーズにすることで、陰茎へ血液を行き届けやすくするのです。

こうした作用は、健康な人にとってそこまで問題ありません。

ところが、血圧や心臓に関連した病気などを持っている場合、注意が必要です。

また併用禁忌薬に指定されている薬を使っている場合も、危険が伴います。

バイアグラは、薬の中でも併用禁忌薬が多い存在です。

その数、数十にも及ぶため、持病を持っている場合はかならず医師と相談すべきです。

主には、硝酸剤や一酸化窒素供与剤、塩酸アミオダロンなどです。

そして、そもそもセックス行為自体が向かない場合もあります。

医学的観点において、セックスは運動行為ともされているため、激しい運動が適さない持病を持っていると、バイアグラ使用に関わらず悪化が懸念されます。

医師処方を通して手に入れる場合であればアドバイスが受けられますし、また禁忌薬の使用が分かればそもそも購入もできないため安心です。

(まとめ)バイアグラは何が適量であるべきなの?

1.あらゆる面で”適量”が重要です

バイアグラは効き目の強い薬であるだけに、あらゆる面での適量が重要となります。

効果が薄まる、副作用の危険が高まる、また持病悪化に繋がるなど、度を超えると複数のデメリットが伴いかねません。

どのような面においても、適量を心がけましょう。

2.どんな適量を怠ると効果が薄れるの?

バイアグラ服用時は、食べ物飲み物共に適量を意識するべきです。

食べ過ぎや乳飲料の摂取は薬の吸収を妨げ、有効成分が行き届きにくくなります。

また感覚を鈍くする作用があるため、お酒の飲み過ぎにも注意が必要です。

3.副作用が起きやすくなる理由って?

バイアグラは、1日1回1錠の服用が一般的な使用法となっています。

この適量を超えて服用すると、副作用を引き起こしやすくなるというリスクに繋がります。

例外として複数錠の服用を医師から進められる場合もありますが、個人での判断は禁物です。

4.持病が悪化するケースとは?

バイアグラは、有効成分シルデナフィルが血管を拡張させることにより、血流を増進させED改善へ繋げる薬です。

そのため、血管や心臓に関連した持病がある場合、注意すべきです。

併用禁忌薬も多く、そもそもバイアグラが向かないこともあります。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。

クリニックの選び方

ED治療

おすすめクリニックはこちら