バイアグラのQ&A

 

バイアグラは糖尿病でも使用できるの?

 

使用できるものの効きにくいケースが少なくありません

imasia_14250046_L
バイアグラは、糖尿病の人でも安心して使用することができます。

ただ、一般的なEDと比べた場合、少し効きにくくなる傾向があるようです。

そのため、医師処方のもと、服薬指導通り服用して効果的な作用に繋げてください。

糖尿病といえば、日本国内で多くの人が患う生活習慣病の一つです。

そして糖尿病になっている、もしくは過去経験がある場合、EDが起こる確率は少なくありません。

これには、糖尿病ならではの特徴が関係しています。

ですがそのケースに関しても、バイアグラは有効な存在として働きかけてくれます。

糖尿病性EDで悩んでいる人にも、嬉しい存在となることでしょう。

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病とは、血液中の糖分が高い状態、すなわち高血糖値状態が続く病気です。

日本人は甘い嗜好品を好むケースが多く、さらに運動不足気味の人も少なくないため、血液中に糖分を蓄積しやすいです。

そのため、糖尿病に悩む人が少なくないのです。

また、EDと密接に関係している点も困った特徴となっています。

糖尿病患者の3~2人に1人は自覚症状を感じており、さらに自覚していない人も含めると、その割合は80%にも達するそうです。

これには、糖尿病の性質が大きく関わっています。

正常な勃起には、興奮状態を陰茎へ伝える脳の神経、陰茎内の重要な組織である海綿体、そして海綿体を満たすための血流という3点が重要です。

糖尿病になると、神経回路に異常を来したり、平滑筋弛緩運動の低下により海綿体が機能不全を起こしたり、また動脈硬化で正常な血流を海綿体へ送れなくなるなど、3点それぞれに影響を及ぼす可能性が高まります。

こうした理由から、糖尿病患者の多くがEDを併発してしまう傾向にあるのです。

ですがバイアグラがあれば、こうした糖尿病性EDの改善にも大きく期待できます。

特有の有効性が、こうした特徴にも的確な作用を促すためです。

何で糖尿病だとバイアグラが効きにくくなるの?


バイアグラを服用すると、まず有効成分のシルデナフィルにより、勃起抑制酵素を阻害します。

そして血管を拡張させ、十分な血液を陰茎に送り込み、健康時のような勃起へと近づけます。

勃起の仕組みへ直接的に働きかけるため、あらゆるタイプのED改善が期待できます。

ですが糖尿病の場合、脳の神経障害、海綿体の機能異常、動脈硬化という、バイアグラの作用に負荷がかかる状況を複数抱えています。

そのため、一般的なEDの人よりも効きにくくなってしまうのです。

また、糖尿病の薬にもバイアグラの効き目を抑えてしまう特徴があります。

こうした理由から、糖尿病患者、もしくは過去に症状を経験した人は注意が必要となるのです。

その他、極度の肥満、高血圧やうつ病の薬が原因で起こる薬剤性EDの場合なども、同様に効きにくい状況が懸念されます。

こういった効きにくさを打開するには、医師の的確な服薬指導が力となってくれます。

医学的な観点から、服用の間隔を検討してもらえますし、また50mg錠の複数服用など提案してもらえるケースもあるようです。

また、特徴が異なる別メーカーのED改善薬を処方してもらえる場合もあります。

いずれにおいても、専門医のアドバイスであれば、安心して取り入れることができます。

医師から適切な服薬指導を受けるには?

上記で挙げたような有効となる服薬指導を受けるには、医療機関の受診が欠かせません。

そのため、インターネットなどで訪れやすい専門病院を見つけ、豊富な知識有する医師に相談するよう心がけましょう。

バイアグラは厚生労働省から正式に認可を受けた薬なので、安心して受け取ることができます。

反対に、医師からの適切な服薬指導を受けられない場合としては、個人輸入品の通販購入や、知り合いを通じて譲り受ける方法が挙げられます。

これらの場合、医療費を抑えられたり、人目を気にしなくてよかったりといった、医療機関での処方にないメリットもあります。

バイアグラは保険適用対象外でもあるため、何かと誘惑感じられることでしょう。

ですが、やはり正規のアドバイスなしに入手して使用する形は、大きな危険が伴います。

糖尿病が影響し、通常の使用では効きにくい場合ならなおさらです。

さらにバイアグラは、高い効果に期待できる存在である反面、副作用の多い薬でもあります。

正しい知識がなければ、ED改善どころか思わぬ危険に繋がる可能性もあります。
かならず、専門医の処方を通して手に入れることが大切です。

糖尿病だけでなく、自分の持病や体質とバイアグラの相性が気になるのであれば、知識と経験が豊富な専門医に相談しましょう。
イースト駅前クリニックなら負担は処方されるお薬代のみ、診察料は無料です。気になることは事前にリストアップしておいて、じっくり相談にのってもらいましょう。

イースト駅前クリニック

(まとめ)バイアグラは糖尿病でも使用できるの?

1.使用できるものの効きにくいケースが少なくありません

バイアグラは糖尿病でも安心して使用することができます。

ですが、通常よりも効きにくくなる傾向があります。

効果的に作用してくれるので、医師から受ける服薬指導を正しく守り、ED改善へと役立ててみてください。

2.糖尿病ってどんな病気?
糖尿病は、高血糖状態が続く病気です。

この症状は、脳の神経や陰茎内にある海綿体、そして血流など、勃起に必要な各機能へも影響を及ぼす存在となります。

ですがバイアグラがあれば、こうした糖尿病性EDにも改善の期待を持てるので安心です。

3.何で糖尿病だとバイアグラが効きにくくなるの?

糖尿病症状がある場合、バイアグラの有効性を実感する上で、複数に渡る負荷がかかってしまいます。

そのため、効きにくくなってしまうのです。

ですが医師の的確な服薬指導を守ることにより、効果実感に期待が持てます。

4.医師から適切な服薬指導を受けるには?

バイアグラは、専門医を通して正規に手に入れることで合わせて服薬指導も受けられます。

ですが個人輸入品の通販購入などであれば、そうしたアドバイスは聞けません。

ED改善が難しいどころか、副作用の危険性も高まるので、避けるべきです。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。