東京のクリニックでED治療薬をGET!レビトラの特徴をチェック!

ED治療はデリケートな問題ですから、「人目を避けるために」と個人輸入で治療薬を手に入れようとする人もいます。ですが、個人輸入は通販感覚で手軽に買える反面、偽薬を購入してしまうリスクもあり、効き目がないから、あるいは偽薬の健康被害からと結果的にクリニックへ相談に行くことになった、という事例も少なくありません。

東京にはED治療薬を処方しているクリニックが数多くあり、患者さんが人目を気にせず通えるよう配慮したクリニックもあります。「それでもクリニックへ行くのには抵抗がある」という方のために、イースト駅前クリニック新宿院ではスマホで診察してもらえて処方もしてくれるという「スマホ診察」を導入しています。
これはビデオ通話で診察し、薬代の支払いはカード決済でOKというシステムです。スマホ診察であれば、バイアグラやレビトラといったED治療薬を処方して郵送してくれるため、直接クリニックへ行くのに抵抗感があるという人でも気軽に利用することができます。

EDの治療を、通院の手間と不安を減らせる「スマホ診察」から始めてみませんか。

\詳細はこちら/

スマホ診察について詳しく

東京ED治療クリニックとレビトラに関する情報

東京は日本の首都で、世界的にみてもこれほど発展している都市はそう多くありません。東京都内にはクリニックや薬局も数多くあり、ED治療薬を処方しているクリニックだけでも600件近くもあります。都心だけでなく、八王子や町田といった郊外エリアにも数多くのクリニックがあります。ED治療薬としてポピュラーなのはバイアグラですが、それ以外にもシアリスやレビトラなども人気を高めています。ここでは、ED治療薬のレビトラについて詳しくみてみましょう。

レビトラはどんな薬?

バイアグラはED治療薬として一般的に知られていますが、レビトラがどんな薬か分からないという方も多くいます。こちらではレビトラがどのような薬なのかを紹介していきます。

レビトラの特徴

① 即効性があり、持続時間が短い

レビトラの有効成分は他のED治療薬に比べて水に溶けやすいという性質を持っています。その為、飲み始めてから1時間以内に効果を発揮するのですぐに効果を得たいという方から支持を集めています。しかし、持続時間は4~5時間ほどなので長時間の効果を期待する方には適していません。

② ドイツの製薬会社が開発

レビトラはドイツに本社を持つバイエル薬品という製薬会社が作っています。バイアグラの次に誕生したED治療薬で、日本のクリニックでも処方されています。保険適用外ですので、治療費は全額自己負担となります。

③ 飲みやすく、副作用も少ない

他のED治療薬よりも粒が小さい為、気軽に飲むことができます。副作用として目の充血や顔のほてり、動悸といったごく軽い副作用が現われますが、深刻な健康被害に発展することはありませんので安心して飲むことができます。ただし、副作用には個人差がありますので、どうしても我慢できないような症状が出た場合は服用を中止して、医師に相談しましょう。

レビトラとバイアグラの違いは?

レビトラとバイアグラは具体的にどのような違いがあるのでしょうか。こちらでそれぞれの違いを紹介しますので、ED治療薬選びの参考にしてみて下さい。

主に4つの違いがある

違い①食事の影響に関して

ED治療薬を服用する前に食事を摂ると、有効成分の吸収が妨げられてしまうことがあります。しかし、レビトラの有効成分はバイアグラなどよりも体に吸収しやすいので、比較的食事の影響を受けにくいです。しかし、脂っこい食事を摂った直後にレビトラを服用すると満足した効果を得られない可能性がありますので、食前に服用するか、食後2時間ほど時間を置いてから服用するとよいでしょう。

違い②効果が出る早さ、持続時間の違い

レビトラは水に溶けやすいという性質があり、空腹時に服用すれば20分ほどで効果が出始めます。バイアグラも比較的効果が出るのが早く、空腹時であれば30分ほどで効果が出始めます。効果の持続時間は、レビトラが5~8時間、バイアグラが5時間程度となっています。体質にもよりますが、レビトラの方が長く効果が続きやすいようです。

違い③価格の違い

ED治療薬は有効成分の含有量で値段が違います。レビトラとバイアグラの、有効成分ごとの値段を表にまとめました。価格は、ややバイアグラの方が安く、お求めやすい値段になっています。

レビトラ 10㎎ 1,500円
20㎎ 1,800円
バイアグラ 25㎎ 13,00円
50㎎ 1,500円

違い④食事の影響

レビトラに比べると、バイアグラは食事による影響を受けやすいです。食後に服用すると効果が半減してしまう可能性がありますので、服用のタイミングを選ぶ必要があります。レビトラは食事の影響を受けにくいので、比較的タイミングを選ばず服用することができます。

東京でレビトラをもらうならどこ?おすすめのクリニックをご紹介!

では、東京でおすすめのクリニックを紹介していきましょう。

東京でおすすめのED専門クリニック

イースト駅前クリニック新宿院

新宿駅から徒歩1分の好立地で通いやすいクリニックです。男性の悩みを治療するクリニックで、スタッフも全員男性になっているので気兼ねなく悩みを相談することができます。また、初診料と再診料が無料になっており、かかる費用が薬代だけとなるので継続して治療をしたい方にとってはコストパフォーマンスに優れています。

住所 東京都新宿区新宿3-23-4 第3大谷ビル3F
TEL 03-5363-1181
最寄り駅 JR 新宿/西武線 新宿
休診日 無し
診療時間 月 火 水 木 金土 日 祝
午前 10:00~14:00 10:00~18:00
午後 15:30~20:00

八重洲のぞみクリニック

八重洲のぞみクリニックは、ED専門クリニックとして、高い実績あるクリニックです。また、八重洲のぞみクリニックは、デリケートな部分でもあるため、男性が恥ずかしい思いをしないよう、医院スタッフは全員男性で揃えており、安心して通うことができますよ。男性に配慮したクリニックであり、信頼できるクリニックとしての顔も持っています。

住所 〒104-0028 東京都中央区八重洲2-3-7 斉藤ビル5F
TEL 03-5755-3727
最寄り駅 JR 東京駅
銀座線 京橋駅
浅草線 宝町駅
休診日 水・日 祝日
診療時間 月 火 木 金 土
11:00~~20:00

新宿西口クリニック

処方するED治療薬の種類が豊富なことで知られているクリニックですので、自分のライフスタイルに合ったED治療薬がみつかるでしょう。ED治療薬を1錠から処方してもらうことができるので、気になるED治療薬を試すこともできます。また、人気のバイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬をまとめた「お試しセット」などもあるので、まずこちらで自分に合うED治療薬を見つけるというのも良いでしょう。

住所 〒160-0023東京都新宿区西新宿1-18-16 野村ビル8F
TEL 03-6302-0641
最寄り駅 JR 新宿駅
都営新宿線 新宿駅
都営大江戸線 新宿駅
休診日 日 祝日
診療時間 月 火 木 金
11:00~20:00 15:00~20:00 11:00~18:00

EDを疑ったらまずは東京のクリニックに相談してみましょう

ここまで紹介したように、レビトラやバイアグラなど、同じED治療薬でも効果の時間や価格など様々な違いがあります。自分の体質やライフスタイルに合ったものを服用することが大切です。併用禁忌の薬もありますので、持病があって他の薬を飲んでいる方はクリニックに行って医師に相談することが必須となります。よりストレスなく、経済的に治療を継続していくには、環境が整ったクリニックを選ぶことも重要です。東京には数多くのクリニックがありますので、しっかりリサーチして満足できるED治療を提供してくれるクリニックを見つけましょう。