レビトラのQ&A

 

レビトラ使用時は運動しても大丈夫?

 

健康な状態であればレビトラ使用時に運動をしても問題ないです

足
レビトラは、有効成分により血行促進させることで正常な陰茎の勃起へと導く薬です。

心臓はいわば血流を送るポンプのような役割であるため、このメカニズムに深く関連しています。

しかしながら、レビトラ使用時に運動がまったくできないということではありません。

ただED以外にも何か病気を患っており、さらに医師から運動制限を受けているともなれば、注意するべきです。

その場合では、心臓に関する副作用も懸念されます。

レビトラ使用後の運動は、医師からの注意や健康状態を考えたうえでおこないましょう。

レビトラ服用後でも性行為程度の運動であれば問題ありません

血流増進には、冒頭の通り心臓機能が深く関わっています。

しかしレビトラを使用する場合においては、そこまで影響ないといわれています。

レビトラが勃起促進する仕組みは、有効成分バルデナフィルによる血管拡張作用を活かしたものであるためです。

バルデナフィルは、血管拡張物質であるcGMPを抑制するPDE5という酵素の阻害に役立つため、こうした効果が期待できます。

決して心臓機能を急激に向上させて血行を高めている訳ではないため、合わせて運動をしても負担になりにくいです。

医学的な観点から考えると、性行為自体も一種の運動といえます。

安静座位時の基準値が1METsという数値で表されるのに対し、性行為は荷物を持ったまま階段を三階まで上がるエネルギー消費にも相当する、約5METsだそうです。

レビトラはセックス時の勃起改善へ向け作られているものなので、もちろん運動によるこの程度のエネルギー消費が悪い影響を及ぼすことはありません。

そのため、レビトラ服用後であっても激しすぎなければ、心配なく運動できると考えておいて問題ないのでしょう。

運動制限を受けている人は副作用に注意が必要です

a0001_014027
健康な人であれば、レビトラ服用後であっても運動は心配なくできます。

ただ、心臓に関連した持病などがあり医師から運動制限を受けているのであれば、それに限りません。

レビトラの勃起促進効果が期待できないどころか、重大な副作用にすら繋がる恐れもあります。

主には、心筋梗塞や狭心症、その他心血管疾患などです。

これらは大きな痛みを伴う上、死亡率も高いです。

これら症状の既往がある、また肝機能障害、腎障害などを抱えている場合も、注意が必要となります。

こうした副作用は、レビトラを飲んでいるから起こる訳でもありません。

前述の通り、有効成分バルデナフィルは心臓へ大きな負担をかけるような成分でないためです。

レビトラ服用有無にかかわらず、運動行為そのものが影響して起こってしまうのです。

もちろん、運動制限時には運動同様のエネルギー消費へと繋がる性行為も適しません。

いずれにおいても、かかりつけの医師やEDクリニックから受けた注意は、正しく守るよう心がけましょう。

医療機関を利用することがリスクを回避することにつながります

医師からのアドバイスをしっかり聞けていれば安心ですが、そうでない場合はやはり危険も伴います。

運動や運動制限といっても程度がさまざまなので、個人では判断しにくいです。

そこで意識するべきなのが、入手方法です。

まず適切な入手方法としては、医療機関を受診のうえ処方してもらう形があげられます。

レビトラは、2004年に厚生労働省が製造販売を許可した、医師が処方可能な薬です。

用法用量から、副作用の危険、注意点までしっかり聞いたうえで入手できるため、運動との兼ね合いが気になる場合でも、不安を解決した状態で使用できます。

反対に避けるべき入手法となるのが、インターネット上に存在する、個人輸入代行業者から購入する方法です。

同じレビトラが問題なく手に入ったとしても、医師は挟まず入手できてしまうため、知っておくべき情報を把握しないまま使用する形となってしまいます。

運動そのもののほか、勃起改善にともない、運動制限を受けているにもかかわらず性行為へ及んでしまうだけでも、それこそ重大な副作用へ繋がりかねません。

また偽造薬に関する危険性も高まるため、専門の医療機関で正規に入手しましょう。

(まとめ)レビトラ使用時は運動しても大丈夫?

1.健康な状態であればレビトラ使用時に運動をしても問題ないです

レビトラを使用していても、性行為以下の運動レベルであれば問題なく体は動かせます。

ただ運動制限を受けている場合に関しては、レビトラ使用に限らず注意が必要です。

2.レビトラ服用後でも性行為程度の運動であれば問題ありません

血流増進には心臓機能向上が関連深いものの、レビトラのそれは少し仕組みが異なります。

あくまで血管拡張による増進作用となるため、心臓への負担は少ないです。

そのため服用後に過度でない運動をしたところで、問題は起こりにくいといえます。

3.運動制限を受けている人は副作用に注意が必要です

医師から運動制限を受けている場合、負担の少ないレビトラであっても、運動は適しません。

そもそも、制限時においては運動そのもののほか、性行為すら避けるべきです。

安全に使用するためにも、専門医からの注意はしっかり聞いておきましょう。

4.医療機関を利用することがリスクを回避することにつながります

レビトラは、インターネット上でも入手可能ですが、安全面を考えた場合避けるべきです。

医師からの適切なアドバイスが受けられず、思わぬ副作用に繋がるかもしれません。

専門の医療機関を通して、正規に入手するよう心がけましょう。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。

クリニックの選び方

ED治療

おすすめクリニックはこちら