レビトラのQ&A

 

不整脈でもレビトラは処方してもらえますか?

 

不整脈の場合、レビトラを処方できないこともあります

wb0010004425l
不整脈にも幅があり、全てのケースを考慮していうのであれば、レビトラを処方できないケースもあるとしかいえません。

軽度の不整脈ならば処方することもありますし、先天的な不整脈ならば処方はできませんので、レビトラやそのほかのED治療薬を必要としているならばかかりつけの医師と相談してみることをおすすめします。

不整脈によって運動の制限が無い場合にはレビトラやバイアグラといったED治療薬を処方してもらえますが、具合が悪く、抗不整脈薬を服用している場合にはED治療薬を処方してもらえません。

これはED治療薬との相性の悪さが問題で、このケースならば他の方法でEDを治療していくことになります。

直接陰茎部に注射をして治療する方法や、EDの根本的な原因から改善していくという治療方針が不整脈の体に合った治療方針であるといえます。

EDの原因には生活習慣病があります

ED(勃起不全)と生活習慣病には因果関係が存在していることが分かっています。

血管にコレステロールなどが溜まって引き起こされる動脈硬化もEDの原因の内の1つで、血管が狭まることによって男性器へ流入する血液の量が少なくなってしまい、その結果勃起不全が引き起こされることが分かっています。

ED治療薬はもともと狭心症のために作られた薬で、血管を拡張させる働きがあるため、勃起機能を一時的に回復させられるのです。

この他にも糖尿病はEDの原因として有名で、糖尿病患者の内、8割もの方がEDを併発していることが報告されています。

これは糖尿病によって神経の回路に不具合が生じてしまい、性的刺激がうまく伝わらず、勃起機能が働かなくなってしまうというメカニズムが解明されています。

糖尿病がEDの原因となっている場合にはED治療薬の力も充分に期待できますので、処方されるケースが多いです。

併用禁忌に触れると危険なため注意が必要です


レビトラはEDを治療してくれるという魅力的な効果の他に血圧を下げる働きがあり、動脈硬化を抑える働きがあることも近年になって明らかになりましたが、併用禁忌にも記されている通り、特に硝酸剤との相性が悪いことが分かっています。

硝酸剤とED治療薬を併用してしまうと、著しい血圧の低下を招き、心臓やその他の臓器に重大な負担をかけることにもつながり非常に危険です。

硝酸剤が含まれる薬としては喘息の薬が有名で、日頃から喘息の薬を服用している場合にはED治療薬の服用は避けなければなりませんし、そもそも医師から薬を処方してもらえる可能性も低いです。

併用禁忌には一部の抗不整脈薬が記されており、薬の相性の悪さから同じく健康被害をもたらす可能性が高いため、処方される可能性は低くなっています。

日本国内で正規のルートでレビトラを入手しようとなると、医者によって処方されるのが一般的なルートとなりますので、ほとんど間違いは起きないでしょう。

しかし個人輸入によって手に入れた場合には、もしかしたら服用してはいけないのに服用してしまうということも考えられますので、医者の指示を受けた上で服用するのが最も間違いが無い方法となります。

EDの根本的な治療には原因を特定することが大切です

バイアグラやレビトラといったED治療薬は、一時的に勃起機能を回復させるための薬です
薬の効果が永久的に続くわけではありませんので、これを治そうとするのであれば、根本原因を特定し、そちらから改善していく必要があります。

EDという病気の難しいところは、原因の可能性がいくつも考えられるという点です。

生活習慣病が原因となっているのが明らかであれば、そこを治せばEDも良くなっていくものですが、ストレスが原因の場合も考えられ、この場合にはストレスの根源を解消してあげなければならず、治療は難しくなってしまいます。

しかし、原因が特定できれば何かしらのアプローチは可能ですので、まずは何がEDを引き起こしているのかを調べていくことが必要です。

(まとめ)不整脈でもレビトラは処方してもらえますか?

1.不整脈の場合、レビトラを処方できないこともあります

不整脈の方に対するED治療薬の処方はケースバイケースとなっています。

不整脈の治療薬とED治療薬の相性は悪いため、薬の服用によって既に不整脈の治療に取り掛かっている際には処方できないケースもあります。

2.EDの原因には生活習慣病があります

EDは生活習慣病との関連性が非常に高いことが分かっており、生活習慣病を治療することもEDの治療につながります。

治療薬が効果を発揮するケースも多いので、お困りの際には医師と相談してみることをおすすめします。

3.併用禁忌に触れると危険なため注意が必要です

ED治療薬は併用禁忌が設けられており、硝酸剤との併用や、一部の抗不整脈薬との併用は避けなければなりません。

健康被害が出てしまうことを防ぐためにも、医者に判断してもらい、処方してもらうことを強くお勧めします。

4.EDの根本的な治療には原因を特定することが大切です

ED治療薬は一時的に改善するための薬であり、EDを根本から治療できるようになる薬ではありません。

勃起不全を完璧に治すためには原因を特定する必要があるといえるでしょう。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。

クリニックの選び方

ED治療

おすすめクリニックはこちら