レビトラのQ&A

 

レビトラ服用時に飲酒をしても大丈夫?

 

適量であればほとんど影響を受けません


薬を処方される際、多くの場合飲酒は控えるよう注意が促されます。

効果が増減したり、また副作用の危険を高めてしまったりする可能性もあるためです。

ですがレビトラに関して、その点そこまで注意深くなる必要はありません。

ただ、お酒を飲むとき、合わせて食事を摂るケースがほとんどなのではないでしょうか?
そのため、食事内容が効き目へ影響してしまう可能性は少し念頭に置いておくべきです。

理想的なED改善に、期待できなくなってしまうかもしれません。

また、過度な飲酒が効果を下げてしまうケースもあるようです。

レビトラ服用時の飲酒は、量に関して注意するよう気をつけましょう。

適量を守れば、逆にメリットともなってくれます。

飲酒に関してそこまで注意しなくて良い理由って?

レビトラは、ED改善薬の中でもあまり飲食に影響を受けない薬です。

ポイントさえ押さえておけば、服用後も楽しくお酒が飲めます。

理由は、有効成分がしっかり吸収されたあとであれば、その後摂取する食事は影響しにくいためです。

もちろん、飲み合わせに関する心配も必要ありません。

レビトラの主な特長は、服用から効果発現までにおける間隔が短いことです。

他の薬では、最大4時間近くかかるものもありますが、レビトラなら、10~20分で効き目に繋げられる場合すらあるほどです。

これは有効成分、バルデナフィルが持つ水へ溶けやすい性質により期待できる即効性となっています。

空腹時の服用であればより効きやすいため、こういったスピーディさがさらに期待できるでしょう。

ただ、服用直後に飲酒や食事をするのはおすすめできません。

成分が流れたり、体内への吸収を妨げたりする原因ともなりかねません。

性行為は激しい運動行為であるため、栄養失調や脱水症状を防止するためにエネルギー補給も欠かせませんが、タイミングに気をつけましょう。

効果の実感を待ってから、摂るようにしてください。

一緒に摂る食事の注意点とは?


食事に関して気をつける点としては、2点挙げられます。

まず一つが、量についてです。

吸収後であれば影響しにくいですが、ただその食事に関しても、700キロカロリー以下としなくてはなりません。

これはレビトラを展開するメーカーから提供されている資料にも記載されている注意点で、強く意識すべき存在となっています。

ですがあっさりしたメニューさえ心がければ、この制限を超える心配は少ないです。

そしてもう一点が、油分に関する点です。

食事を摂る際は、脂肪分が総エネルギー量の30%以下に抑えられるよう工夫しましょう。

お酒を飲むとき、何かと油ものは美味しく感じられるかと思いますが、十分なレビトラの効果を期待するなら、控えるべきです。

この2点を守らなければ、せっかくのレビトラが持つ有効性も、薄まったり失われたりしてしまいます。

肝心の行為時に効果が感じられないともなると、元も子もないので、気をつけましょう。

ちなみに、服用前の飲食も同じくあまり適しません。

極力空腹に近い状態で服用しましょう。

飲酒量によってどのような効き目の変化が見られるの?

同じ飲酒でも、その量によって真逆の変化に繋がる点が特徴的となっています。

レビトラ服用時の飲酒は、「飲むことも可能」どころか、むしろ「摂取すべき存在」にすらなり得るのです。

まず気をつけるべき点として挙げたいのが、過度な飲酒です。

アルコールの摂りすぎは、感覚を鈍らせる要因となりかねません。

レビトラは高いED改善効果に期待が持てる薬ですが、興奮剤や精力剤とはまた異なる存在です。

バルデナフィルにより血管拡張をもたらし、血行促進へ繋げるというのが主な作用です。

そのため、勃起のきっかけとなる興奮や刺激は、独自に得なければなりません。

感覚の鈍化は勃起が弱まる原因となってしまうので、服用前後におけるお酒の飲みすぎに気をつけましょう。

ですが性行為において、興奮する必要があるという観点から、リラックスも重要となります。

その点役立つのが、適度な飲酒です。

感覚を鈍らせるほどでない、”いい気分”を楽しめる程度の量であれば、リラックス効果が期待できます。

勃起のきっかけとなる興奮もスムーズに感じやすくなるため、より理想的な勃起、性行為へと繋げられます。

このように、飲酒は量ひとつでメリットにもデメリットにもなる存在です。

合わせて摂る食事にも気を遣いつつ、メリットとして活かせるよう、うまく取り入れてみてはいかがでしょうか?

(まとめ)レビトラ服用時に飲酒をしても大丈夫?

1.適量であればほとんど影響を受けません

飲酒と相性の悪い薬も多いですが、レビトラに関してはそこまで気にする必要ありません。

適量を守れば、問題ないどころか、むしろメリットにすらなってくれます。

ただ、一緒に摂る食事が影響することも考えられるので、その点は注意するべきです。

2.飲酒に関してそこまで注意しなくて良い理由って?

成分がしっかり吸収されたあとであれば、飲酒や食事はあまり影響しません。

その点レビトラは、有効成分が水に溶けやすい性質であることから、即効性を特長とする薬です。

そのため、効果発現を待って飲酒するよう気をつければ安心です。

3.一緒に摂る食事の注意点とは?

バルデナフィル吸収後であっても、700キロカロリー以上の食事や油分が多い内容は適しません。

せっかくのレビトラが持つ効能を、薄めてしまうかもしれません。

また同時に、服用前の飲食も理想的ではないため、できるだけ空腹状態を心がけてください。

4.飲酒量によってどのような効き目の変化が見られるの?

レビトラは、あくまで勃起をサポートする薬であるため、性的興奮や刺激は別で得なければなりません。

その点、過度な飲酒は感覚を鈍らせるため、適しません。

ですが反対に、適量であればリラックス効果へ繋がり、より良い状態が期待できる場合もあります。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。

クリニックの選び方

ED治療

おすすめクリニックはこちら