レビトラのQ&A

 

レビトラは血圧に不安があっても使用できる?

 

過度な異常が見られる場合は注意するべきです


レビトラは、血圧に作用することでED改善効果を期待させてくれる薬です。

勃起する上で欠かせない変化を自然にサポートしてくれるため、高い効果が期待できます。

ですがそういった特徴を持つことから、血圧に不安伴う場合は少し注意も必要です。

わずかな異常であれば、医師判断のもと処方してくれる場合もあります。

ですが、ある一定値を超えた場合に関しては、購入すらできなくなるかもしれません。

それほどに、過度な血圧異常とレビトラの作用は危険な関係性にあるのです。

もしこの注意点を守らず使用してしまうと、重大な症状にも繋がりかねません。

そのためにも、信頼できる医療機関を受診し、正しく入手することが大切です。

レビトラの血圧に対する作用って?

まず、そもそも勃起の仕組みに血圧は大きく関わっています。

そちらから、ご紹介します。

陰茎は勃起する際、性的興奮に伴いcGMPという血管拡張成分を放出します。

すると陰茎周囲の血管が広がるため、血圧は下がる形になります。

圧が下がることで次に起こるのは、血流の増進です。

これにより、陰茎に血液が十分な量が送り込まれ、硬く大きい状態へと変化するのです。

そしてこうした仕組み上見事マッチしている存在が、レビトラの有効成分、バルデナフィルに期待できる作用です。

バルデナフィルは、勃起する上で欠かせない血圧降下による血行促進作用を持っています。

そのため、健康時に近い自然な勃起実現へ役立てられるのです。

このとき特徴的となるのが、血圧降下に伴う副作用です。

主には目の充血や顔のほてり、動悸などが見られやすく、これらは血行促進された証、すなわち、レビトラの効き始めているサインともいえます。

ちなみに副作用は、使用者の約9割が感じる存在であるものの、ほとんど軽度であるため心配し過ぎる必要はありません。

処方可否はどのように判断されるの?


上述の通り、血圧に深く関わる薬であるため、血圧がどのような状態かはとても重要です。

医療機関におけるレビトラ処方検討時も、重点を置かれる部分となることでしょう。

事実、過度の異常が血圧に見られる場合、処方自体見送られることもあります。

まず、血圧が正常値でなくても処方してもらえるケースは、コントロール可能な場合です。

多少高低が見られても、薬や生活上の注意で正常値にコントロールできれば、医師指導のもと処方してもらえます。

そして逆に購入できないケースとしては、コントロール不可のとき、または規定値を超えている場合です。

具体的な規定値としては、「安静時収縮期血圧<90mmHg」の低血圧時、そして「安静時収縮期血圧>170mmHg、もしくは安静時収縮期血圧>100mHg」であるときです。

こうした診断結果が現れた場合、危険とみなされ処方されないことが多いです。

またその他、脳梗塞・脳出血・心筋梗塞・狭心症といった血管が関連する重病の既往を持つ場合も、同様に処方は慎重を期されます。

いずれにおいても、レビトラ購入や使用の際は、血圧、血管に対する注意意識が欠かせません。

血圧における注意を守らなかった場合の危険性

上記に注意するべき点を挙げましたが、最後はそれらの影響でどのような危険性へ繋がるかを紹介します。

まず、低血圧や高血圧のため血圧降下剤を服用している場合、レビトラは適しません。

血圧の下がり過ぎに懸念がもたれるためです。

高血圧は何かと危険な状態として取り上げられがちですが、実は過度の低血圧も要注意です。

なぜなら、心臓の冠動脈内を流れる血液が減少し過ぎて、狭心症に至る可能性もあるためです。

狭心症になると、心臓へ酸素を充分量送り込めなくなることから、心臓が壊死することにも繋がります。

いわずもがな、この際強い痛みを伴います。

このような重篤状態にすら陥りかねないので、血圧が過度に偏っている状況でのレビトラ使用は、まず避けるべきなのです。

また、血圧の異常はあらゆる病気症状に伴いやすいです。

そのため、一口に血圧の偏りといっても、さまざまな病気治療中であることが考えられます。

レビトラは、数あるED改善薬においても多くの併用禁忌薬が存在する製品です。

この点も、気をつけなくてはなりません。

こうした危険を安全に回避する方法は、やはり信頼できる医療機関で正しく処方してもらうといった形です。

処方可能かどうかをしっかり検討してもらえ、また服用時の注意点や副作用、併用禁忌薬に関する情報も聞いておけます。

効果的かつ安全な薬としてレビトラを活用するなら、かならず専門の病院に相談するべきです。

(まとめ)レビトラは血圧に不安があっても使用できる?

1.過度な異常が見られる場合は注意するべきです

レビトラは血圧に作用しED改善を期待させてくれる薬であるため、血圧異常が見られる場合、注意するべきです。

多少の異常なら大丈夫ですが、過度な高低が見られる場合、重大症状にも繋がりかねません。

医療機関を受診した上で安全に使用しましょう。

2.レビトラの血圧に対する作用って?

勃起は、陰茎から放出される血管拡張成分、cGMPによって起こります。

そしてレビトラの作用もまた、血圧を降下させることで期待できる血行促進です。

レビトラは、健康時と同様のメカニズムで勃起を促進させる、まさにED向けといえる薬なのです。

3.処方可否はどのように判断されるの?

血圧が正常値でなくても、コントロール可能であれば処方してもらえる場合もあります。

ただ、その点不可であったり、また規定値を超える過度な高低が見られたりするケースに関しては、処方自体見送られることも少なくありません。

4.血圧における注意を守らなかった場合の危険性

過度な低血圧や高血圧で降圧剤を使用している場合、レビトラ服用適しません。

狭心症が起こり、死の危険性すら伴う可能性もあるため、血圧に極端な偏りがある状況での服用はまずおすすめできないのです。

医師相談の上、安全に使用しましょう。

ED治療なら
イースト駅前クリニック👆

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。

クリニックの選び方

ED治療

おすすめクリニックはこちら