レビトラのQ&A

 

レビトラの作用時間はどれくらい?

 

作用時間の目安は4~8時間です


レビトラに期待できる作用時間は、4~8時間です。

使用するレビトラのタイプや体調によって前後するため、少し幅を持たせた表記となっています。

ED改善薬の中では、比較的長い部類であり、性行為へ用いるにおいては、割と安心感あるカバー時間ともいえるでしょう。

またレビトラを語る上で忘れてはならないのが、作用に期待できるまでの時間です。

作用時間は割と一般的ながら、広く重宝されている大きな理由がここにあります。

即効性が特長的であるため、すぐに効果へ期待したいといったケースで役立ちます。

ただ人気薬であるため、注意点もいくつか伴います。

この注意を守らなければ、スピーディなED改善どころか、思わぬ危険にも繋がってしまいかねません。

諸々、詳しく理解した上で、使用するようにしましょう。

より長い作用時間を期待するには?

4~8時間と幅があるだけに、性行為のタイミングを確定できていない場合、少し不安も感じられることでしょう。

むしろ、その瞬間はいつ訪れるか分からない、といった状況である方が一般的です。

では、いったいどうすればより8時間に近い十分な作用時間を期待できるのでしょうか?

まず、使用するレビトラの種類を見直してみてください。

レビトラは、含まれる有効成分バルデナフィルの量によって作用時間が大きく異なります。

例えば、10mgタイプが4~5時間であるのに対し、最大量の20mgタイプは8~10時間です。

そもそもこの選択一つで、8時間という長時間は期待すら持てなくなってしまうのです。

現在10mg、もしくは5mgタイプを使っているのであれば、まずは20mgへ変更してみると良いでしょう。

また、服用前後で摂る食事内容も工夫してみましょう。

レビトラは食事の影響を受けにくい薬ですが、700キロカロリー以上に及ぶ量や、脂肪分を多く含むメニューは適しません。

バルデナフィルの働きを妨げる存在ともなってしまうため、避けましょう。

理想の使用法としては、20mgを空腹状態で飲む形といえます。

健康上問題ないようであれば、ぜひ試してみてください。

特長的な作用開始までの時間って?


複数ED改善薬が存在する中でもレビトラを選ぶ理由のほとんどは、この作用開始時間でしょう。

まさに性行為のタイミングで効いて欲しいED改善薬なだけに、この間隔はとても重要です。

その点、空腹状態における服用さえ意識しておけば、10~20分という早いタイミングで効果を期待できるのがこのレビトラです。

有効成分バルデナフィルが、水に溶けやすい性質を持っており、素早く吸収されやすいためです。

平均的な作用開始時間が、だいたい1~2時間であることを考えれば、より魅力に感じられるのではないでしょうか?

メリットとしては、まず、まさに性行為へ至る直前のタイミングで飲んでも効果を期待できる点が挙げられます。

事前にタイミングを計算して服用するといった面倒さから開放されるため、ストレスなく性行為に集中しやすいです。

そして、食事をそこまで気にし過ぎなくてよい点も、レビトラならではです。

前述で、量や油分について注意を挙げましたが、これらさえ守れば通常通り食事も楽しめます。

成分がしっかり吸収された後であれば、影響しにくいためです。

ただ吸収前の段階で食事を摂ると効果低減に繋がるため、効果が実感できてからという条件は欠かせません。

人気薬だからこその注意点って?

レビトラは、比較的長い作用時間や、作用開始までのスピーディさなど複数に及ぶ魅力が感じられる薬です。

それだけに、本社のあるドイツはじめ、日本国内ほか、海外でも高い人気を誇る存在となっています。

そこでひとつ注意すべきであるのが、偽造薬に騙される危険性です。

人気を悪用し、インターネット経由で偽造薬、粗悪品などを売る悪質業者、実は少なくありません。

ED改善薬製造会社大手3社、そして国内大手医薬品会社が共同にて行った調査では、ネット取り引きされる薬の約49%が問題ある製品であったほどだそうです。

偽造薬や粗悪品を利用すると、4~8時間のED改善効果に期待できなかったり、また重篤な副作用が現れたりする危険性も高まります。

メリットがほとんどなく、リスクばかり目立つ入手方法なので、まず避けるべきといえます。

そうした状況を防ぐには、正規処方してくれる医療機関の利用が欠かせません。

レビトラは厚生労働省が認可した薬であるため、医師処方のもと購入できます。

さらに、より作用時間を延ばすためのコツや、有効な活用法などアドバイスも合わせて聞けるので、利用して損はありません。

(まとめ)レビトラの作用時間はどれくらい?

1.作用時間の目安は4~8時間です

レビトラに期待できる基本的な作用時間は、4~8時間となっています。

その点、ED薬においては割と一般的な数字ですが、作用開始時間の早さというメリットも伴います。

特徴や注意点をしっかり把握した上で、うまく活用してみてください。

2.より長い作用時間を期待するには?

4~8時間という作用時間を持つレビトラでも、より8時間に近い長時間作用が理想なら、以下2つの工夫を取り入れてみてください。

有効成分が最大量含まれる20mgを選び、また食事は700キロカロリー以下のさっぱりしたメニューにしてみましょう。

3.特長的な作用開始までの時間って?

レビトラは、空腹状態で飲めば、服用後10~20分という早いタイミングにおいて効果が期待できるED改善薬です。

行為直前のタイミングで飲んでも効果にできる、また食事が影響しにくいなど、嬉しいメリット感じられる大きな特長となっています。

4.人気薬だからこその注意点って?

レビトラは人気薬であるだけに、インターネットを介した偽造薬の流通も問題となっています。

偽造薬、粗悪品などは、メリットがほとんどないリスクばかり目立つ存在であるため、まず利用をおすすめできません。

医師処方のもと、正規に入手しましょう。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。

クリニックの選び方

ED治療

おすすめクリニックはこちら