レビトラのQ&A

 

レビトラ服用時に気をつけるべき飲み合わせってある?

 

■他の薬との飲み合わせには注意が必要です


飲み合わせと一口にいっても、いくつかの意味合いが存在します。

そんな中でも、レビトラ使用時に気をつけるべきとなる場面は、他の薬と飲み合わせるケースです。

効き目が減ってしまう、感じられなくなるどころか、重大な副作用にも繋がりかねません。

こうした注意すべき薬との飲み合わせは、さまざまな薬剤において存在します。

ですがレビトラは、中でもそうした注意書きが多い薬です。

また、一部服用前後の飲料に関しても、少し注意を必要とする飲み合わせがあります。

副作用にまでは至りませんが、効果の低減へと繋がってしまうものです。

安全かつ効果的に使用する上で、これら飲み合わせに関する知識はしっかり把握しておきましょう。

どんな薬との飲み合わせが危険なの?

ED改善薬は、有効成分が持つ作用で血管拡張し、陰茎への血流をサポートすることにより勃起促進する薬です。

このとき特徴的に現れるのが、血圧の降下です。

圧を下げることで血流増進に繋げるため、こうした現象が見られるのです。

そこで気をつけるべきとなる点が、まず血圧に関連した薬との飲み合わせです。

高血圧における降圧剤や、脳梗塞・脳出血・心筋梗塞・不整脈のため処方された薬なども危険が伴います。

また、血管拡張するためのメカニズムに関連し、硝酸剤や一酸化窒素供与剤なども適しません。

その他、レビトラならではの適さない存在として、リトナビル・インジナビル・アサダナビル・サキナビル・サキナビルメシル塩酸・ホスアンプレナビル・ロピナビル・ダルナビルや、ケトコナゾール・イトラコナゾール、その他緑内障の薬なども併用禁忌薬に指定されています。

レビトラは、特有の即効性というメリットが役立つ反面、ED薬においても併用禁忌薬が多い製品です。

安全かつ効果的に活用するには、かならず覚えておく必要があります。

飲み合わせを誤るとどうなるの?


前項に挙げた飲み合わせの適さない薬をレビトラと併用した場合、どんな危険性へ繋がるのでしょうか?
重篤症状に繋がる例を、ご紹介します。

まず、血圧降下剤と併用してしまうケースです。

レビトラにも降圧作用が伴うため、併用することで血圧の下がり過ぎも懸念されます。

高血圧は何かと不健康な状態として知られていますが、低血圧もまた、狭心症にすら繋がる危険伴う状況です。

同様の理由から、降圧剤を飲んでいなくても過度な低血圧状態であれば、危ない展開が懸念されます。

その他禁忌薬との併用においても、治療中である病気を悪化させたり、薬の作用が強まりすぎたりしてしまう、その他特別な症状に繋がったりするといった危険性を伴います。

併用は、まず避けるようにしましょう。

ただ、これら危険な飲み合わせも、レビトラの購入さえ正しく医療機関で行えていれば、まず心配いりません。

豊富な知識を持つ医師判断のもと、危険を回避するため処方自体が見送られます。

もちろん、詳しい説明も添えた上で判断が下されるため、安心です。

知り合いから譲り受けたり、インターネットで個人注文したりといった形ではそうしたアドバイスも聞けないので、かならず専門の病院を受診してください。

服用前後の飲み物における飲み合わせって?

薬以外の、食事に添えられる飲み物と飲み合わせるケースは、あまり心配いりません。

即効性に期待できるレビトラは、特にその点安心できるED改善薬でもあります。

ですが、一部の種類に関しては、危険を伴わないながらも、少し注意するべきです。

例えば、レビトラ服用前に飲む、乳性飲料です。

脂肪分が多く含まれる飲食物は、胃や食道に膜を張ってしまいます。

その場合、レビトラの有効成分は吸収されにくくなってしまうため、理想的な効果が得られないかもしれません。

牛乳はじめ、乳成分の多い飲み物は避けるようにしましょう。

ただ、しっかり成分が吸収されたあとであれば、ほとんど影響を受けないので、安心して飲むことも可能です。

効果実感を待ってから、摂るようにしましょう。

また、服用前後に飲む多量のアルコールも適しません。

適量であれば、特に問題はなく、むしろリラックス効果から嬉しい相乗効果すら期待できます。

ですが過度な飲酒であれば、脳や体における感覚を鈍らせるため、むしろ勃起の妨げともなってしまいます。

レビトラは、さまざまなタイプのEDに効果が期待できる魅力的な改善薬です。

ですが飲み合わせに関しては、ご紹介の通りいくつか注意点も伴います。

正しい知識のもと、安全かつ効果的に活用してみてください。

(まとめ)レビトラ服用時に気をつけるべき飲み合わせってある?

1.他の薬との飲み合わせには注意が必要です

レビトラの飲み合わせで特に注意するべき点は、他の薬と飲み合わせるケースです。

効果の増減どころか、重大な副作用にすら繋がってしまいかねません。

安全かつ効果的に使用できるよう、正しい知識を身につけておきましょう。

2.どんな薬との飲み合わせが危険なの?

レビトラは有効性感じられるED薬である反面、併用禁忌薬が多い存在です。

主には、血圧関連のものや硝酸剤、一酸化窒素供与剤類、その他も多数適さない薬が指定されています。

安全に活用できるよう、十分気をつけておきましょう。

3.飲み合わせを誤るとどうなるの?

禁忌薬とレビトラを併用してしまうと、生死に関わる状況へも陥りかねません。

狭心症や、治療中症状の悪化、薬の作用増長など、さまざまな危険を伴います。

ですが医療機関で正しく処方してもらっておけば、その心配も大きく低減できるので安心です。

4.服用前後の飲み物における飲み合わせって?

禁忌薬ほど危険性はありませんが、効果の低減という意味合いで、飲み物に関しても注意しておくべきです。

主には、レビトラ服用前の乳性飲料や、服用前後の過度なアルコール摂取などです。

効果的な飲み方を意識し、有効に活用してみてください。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。

クリニックの選び方

ED治療

おすすめクリニックはこちら