レビトラのQ&A

 

レビトラって保険を使って購入できるの?

 

レビトラは保険適用外の薬です


レビトラは、病院で受け取ることが可能な信頼感じられる薬です。

処方と同時にさまざまなメリットも感じることができ、利用者にはありがたく感じられることでしょう。

ですが一点、保険を適用できないというデメリットも伴います。

この点を理解せず受診してしまうと、思わぬ負担が感じられるかもしれないので、注意も必要です。

保険が適用できないとなると、費用面で困らされてしまいます。

特にレビトラを頻繁に使用したいと考えている人は、ネックな部分でしょう。

そうした部分から負担を感じないためには、メリット面へしっかり目を向けておくことが大切です。

多少高額であってもなお、得られるものが大きいと感じられれば、楽に続けられます。

ED改善には精神的なリラックスが欠かせないので、ぜひそうした考え方を取り入れてみてください。

保険が適用できないとどうなるの?

保険こと健康保険があれば、薬剤費の負担を大きく抑えることも可能となります。

最大7割が引かれる形となり、実質定価の3割のみを支払う形で購入できます。

また薬のみならず、薬の処方に関する医療行為すべてでもまた、3割負担という恩恵を受けられます。

ですがレビトラは、保険適用外とされている薬です。

その理由は、2004年4月に国から製造販売の認可を受けた薬でありながら、薬価基準未収載のためです。

日本全国、どの医療機関で処方を受ける場合でも、保険は適用されず、全額負担が基本となります。

薬価ほか、レビトラ処方にまつわる診察や服薬指導、調剤もまた、すべて全額負担です。

ですが一方で、そもそも保険を利用する必要がないため、保険証忘れの心配はいらないというメリットも得られます。

また1錠1錠がそれなにの額であるため、安易な使いすぎを未然に防ぐことへも繋がります。

保険が適用されないからといって、かならずしもデメリットばかりでないため、そこまでマイナスに感じる必要はないでしょう。

病院で処方してもらうことのメリットって?


前項でも軽く触れましたが、病院で処方してもらえることには、全額負担という大きなデメリットが霞むほどの嬉しいメリット多数も伴います。

ここでは、その点に重点をおいて紹介していきます。

あまりマイナス面ばかり意識していると、事項で挙げるようなリスクにすら繋がりかねません。

良い面にもしっかり目を向けていきましょう。

まず、本物のレビトラを正確に受け取れるという点です。

当たり前のことと思えるかもしれませんが、実はレビトラ、人気薬であるゆえに偽物もインターネットを介し広く横行しています。

事実、複数のED薬に関する大手医療機関が共同で行った調査では、ゆうに約49%もの製品が偽造品であったそうです。

その点、医療機関で入手できれば安心です。

次に、服薬指導が正しく受けられる点です。

レビトラは副作用が比較的少ないものの、禁忌に指定されている併用薬の多い存在でもあります。

成分の相性に伴い、思わぬ重病へも繋がりかねないので、医師の指導が心強い存在となってくれます。

また、的確な処方をしてもらえる点も専門機関ならではです。

レビトラは、含有する有効成分量ごとに、5mg・10mg・20mgの3種類に分けられています。

専門知識有する医師へ相談すれば、より自分に合ったタイプを選んでもらえます。

ED改善においてリラックスが重要である理由とは?

保険適用外であることが負担であっても、あまりストレスを感じないようにしてください。

なぜなら、EDを改善する上でストレスは適さない存在であるためです。

EDと一口にいっても、その種類はさまざまです。

加齢や病気からくるもの、肉体的なもの、精神的なものなど多岐にわたります。

そして中でも多く見られるのが、精神面が原因となったED、すなわち心因性EDなどと呼ばれるものです。

これは性行為における緊張や劣等感、不安、過去のトラウマなどが原因で、うまく勃起できなくなるタイプのEDです。

そんな中、日常生活におけるストレスが要因となるケースも、少なくありません。

そこで懸念されるのが、使用しているレビトラに負担している費用です。

使用するたびに金銭的負担を感じていると、性行為へ集中できなくなってしまいます。

レビトラを服用しているといえ、勃起が弱くなったり、またまったく勃たなくなるかもしれません。

レビトラは勃起促進作用に期待できる薬であるものの、興奮剤や誘淫剤とまた異なる存在です。

スムーズに興奮することは欠かせないので、保険適用外で比較的費用がかかるといえ、リラックスして行為を楽しめるよう心がけてください。

(まとめ)レビトラって保険を使って購入できるの?

1.レビトラは保険適用外の薬です

レビトラは、病院で購入できる安心な薬である一方、保険は適用できません。

頻繁にレビトラを使用したい人としては、少しネックとも感じられることでしょう。

メリット面も豊富なので、そちらをしっかり理解することで、精神的負担を和らげてみてください。

2.保険が適用できないとどうなるの?

保険が適用できれば、最大3割負担という抑えた費用のもと薬剤購入等ができます。

ですがレビトラは薬価基準未収載薬であるため、全額負担が基本となります。

とはいえ、デメリットばかりでもないため、そこまでマイナスに感じる必要もありません。

3.病院で処方してもらうことのメリットって?

保険適用外に伴い、全額負担が欠かせないといえ、医療機関で処方してもらえることは多数メリットを伴います。

主には、偽造薬の心配がいらない、服薬指導が受けられる、自分に適した種類を選んで処方してもらえるなどです。

4.ED改善においてリラックスが重要である理由とは?

EDに至る大きな要因の一つとして、精神的な理由が挙げられます。

そのため、金銭的負担を毎回感じていると、レビトラを使用しているといえ勃起しにくくなるかもしれません。

リラックスして行為を楽しめるよう、心がけるようにしましょう。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。

クリニックの選び方

ED治療

おすすめクリニックはこちら