ED全般のQ&A

 

EDと高血圧との関係は?

 

高血圧がEDの原因になるなどEDと高血圧は密接な関係にあります


EDと高血圧との関係性については、長い間多くの医師が研究を行ってきました。

大勢の医師が認めるところによれば、高血圧はEDの原因になりうるということです。

さらに、高血圧治療のために服用する降圧剤が原因で、EDが引き起こされることもあるといわれています。

一般的なED治療薬には血圧を下げる作用があります。

高血圧の治療をしている人のなかには、ED治療薬を服用しても問題ないのか気になる方も多いでしょう。

ここではその点も含め、EDと高血圧の関連性について掘り下げていきたいと思います。

高血圧で起きる動脈硬化がEDの原因にもなります

あるデータによれば、高血圧症の男性の7割近くがEDに罹患しているそうです。

また、EDの男性の4割が高血圧なのだそうです。

このデータをみても、高血圧とEDには深い関係があることが予測できます。

高血圧がEDを引き起こしてしまうメカニズムを紹介します。

高血圧は動脈硬化の原因です。

それに伴い陰茎付近の血管も硬く狭くなり、血管内皮機能を壊してしまうだけでなく、海綿体への血流も滞らせてしまいます。

勃起は海綿体の毛細血管に血液が充満することによって保たれますから、肝心な毛細血管に問題が発生すると、勃起しにくくなってしまうのです。

その結果としてEDが引き起こされてしまうというわけです。

高血圧の男性の場合、徐々にEDが併発してしまう可能性が高いため、早めの適切な治療が肝心となります。

家族に高血圧の人がいる場合はとくに、頻繁に血圧のチェックをし、高血圧の兆候があるなら生活改善を図ったり、病院で相談したりなどして早めに対処しましょう。

降圧剤が血圧を低下させることでEDになりやすくなります


高血圧はEDの原因になりがちですが、高血圧を治療する降圧剤が原因でEDになってしまうケースもあるのです。

ここでは降圧剤がEDを引き起こしてしまうメカニズムを紹介します。

高血圧によってすでに動脈硬化が進行してる場合、降圧剤の服用によって血圧が低下すると、海綿体の還流圧がさらに低下してしまうことがあります。

その結果、海綿体が充血しにくくなり、EDが発症しやすくなってしまうのです。

高血圧の治療はどうしたらよいのかと不安に思う方もいるでしょう。

しかし、降圧剤にはいろいろな種類があり、種類によってEDになりやすいものとなりにくいものがあるのです。

降圧剤を処方してもらうときには、EDに関する心配を先生に伝えておくとよいでしょう。

言いにくいことかもしれませんが、先生は専門家であり、こちらが思うほど気まずい話とは感じないはずです。

参考として、利尿剤やベータ遮断薬は比較的EDを発症する可能性が高く、それ以外のカルシウム拮抗薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬、ACE阻害薬などは比較的EDを発症しにくいといわれているようです。

高血圧の方でもED治療薬を使えることがあります

ED治療薬は、血圧を下げる作用があるものがほとんどです。

高血圧の治療を受けている人のなかには、ED治療薬の服用を考えている人もいるでしょう。

血圧が高い人がED治療薬を飲むことに問題はないのか紹介します。

降圧剤を服用している場合

降圧剤は、ED治療薬との併用に向いているものとそうでないものがあります。

この場合は医師と相談して、飲み合わせを工夫してもらいましょう。

高血圧でも程度が軽く、治療が不必要な場合

高血圧でも程度が軽く、病院に行っても治療が不必要だと判断される場合があります。

その場合、ED治療薬の服用は問題ないと言われることでしょう。

ED治療薬には血圧を下げる作用はあっても、血圧を上げることはないので心配する必要はないと考えられます。

これ以上血圧が上がらないように、生活習慣や食習慣を整え、肥満気味なら体重を落とすように注意しましょう。

(まとめ)EDと高血圧との関係は?

1.高血圧がEDの原因になるなどEDと高血圧は密接な関係にあります

高血圧はEDの原因になることがあります。

さらに、高血圧の治療で服用する降圧剤が原因でEDになることもあるようです。

高血圧とEDには、深いつながりがあるのです。

2.高血圧で起きる動脈硬化がEDの原因にもなります

高血圧は動脈硬化を招き、血管内皮機能の損傷を引き起こしてしまいます。

陰茎の海綿体付近の血管に問題が生じると、毛細血管に血液が充満しにくくなり、EDが引き起こされやすくなります。

3.降圧剤が血圧を低下させることでEDになりやすくなります

高血圧によって動脈硬化が進行してる場合、降圧剤によって血圧が低下すると、海綿体の還流圧が低下を招きます。

その結果、海綿体が充血しにくくなってEDが発症しやすくなることがあります。

4.高血圧の方でもED治療薬を使えることがあります

ED治療薬は、血圧を下げる作用はあっても血圧を上げる作用はないため、血圧が高めの人が服用してもそれ以上血圧が上がってしまうという心配はないとされています。

すでに降圧剤を服用している人は、飲み合わせのこともあるので医師に相談しましょう。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。

クリニックの選び方

ED治療

おすすめクリニックはこちら