ED全般のQ&A

 

EDはどんな特徴をもつ病気なの?

 

EDとは、何らかの理由で勃起が難しい状態となる病気です


何かと伏せられがちな性生活の問題ですが、生きる上で、とても重要です。

恋愛や結婚、出産などのほか、日々を快適に送る上でも欠かせません。

そのため、EDこと勃起不全・勃起障害になってしまうと、とてもやっかいです。

EDと一口にいっても、実はさまざまな種類があります。

症状は同じ勃起不全でも、原因や特徴によって種類分けされるためです。

改善にあたっては、どのようなタイプのEDになっているかを理解し、的確な治療をすることが欠かせません。

従来、治療が難しい存在でしたが、近年はそのメカニズムやそれに適した治療法なども研究されており、比較的高い確率で改善を期待できます。

大事な問題なので、一人で悩まず、正しい知識のもと改善に臨んでみてください。

EDになるとどんな問題が起こるの?

勃起がうまくできないことは、ただそれだけでパートナーとの関係に響くかもしれません。

ですが、EDから被るデメリットはそれだけに留まらないのが実際のところです。

性生活のみならず、普段の生活においても随所で影響を与える可能性もあるため、もしパートナーが現状いない人であっても軽視できません。

まず一つに、自信が持てなくなるということです。

プライベートのみならず、仕事における女性とのコミュニケーションであっても、堂々と振る舞えないかもしれません。

それがお客さんや取引相手ともなれば、数字にも大きく響くことでしょう。

またそれにより、ストレスが溜まりやすくなることもデメリットの一つです。

自分に自信が持てない場合、女性を含むかどうかに関わらず、何かと大人数との交流を避け孤立してしまいがちです。

孤独感や劣等感から、最悪うつ等の精神病をも引き起こしかねません。

このように、EDはパートナーとの関係性のみならず、仕事や精神面など、あらゆる部分にも影響し得る存在です。

症状に気づいたら、早めの治療検討が欠かせません。

EDにはどんな種類があるの?


EDは、あらゆる原因のもと起こり得る病気です。

それだけに、ある一点に注意していても、また別の角度から発症するかもしれないといった、やっかいな存在でもあります。

まず、勃起のメカニズムについて紹介します。

勃起は、性的興奮を覚えた脳から神経を通し一酸化窒素が放出されることにより、陰茎で血管拡張物質が産生されることで起こります。

血管拡張されれば、陰茎に血流が行き渡りやすくなり、陰茎の充血、すなわち勃起を促せます。

そこでまず起こりやすい症状が、器質性EDです。

血管や神経といった、体の部位に異常を来すことで起こりやすいのが特徴です。

一酸化窒素が陰茎に達せない、充分な血流を供給できないといった状況から、勃起へ影響を及ぼします。

次に、心因性EDです。

こちらは体内機能的に問題ないのですが、ストレスやトラウマ、不安からうまく勃起できない症状です。

健康な体を持つ、若い世代に多く見られるのが特徴です。

またその他、服用している薬の影響で起こる薬剤性EDや、いくつかの特徴が合わさって存在する、複合型EDなどもあります。

いずれも個人での判断は難しいので、専門の病院で正確に検査してもらうことが大切です。

ED改善に期待できる治療法って?

EDという言葉は、「Erectile Dysfunction」の略称で、比較的近年登場しました。

ですがそれ以前からも同様の症状は広く存在しており、また治療困難な存在とされていました。

そんな中、研究や開発が進み、現代ではいくつかの改善に期待できる治療法も確立されています。

まず一つが、ED改善薬の服用です。

シルデナフィル・タダラフィル・バルデナフィルのそれぞれを有効成分とした3製品、またそれらのジェネリックなどが代表的で、世界的に広く重宝されています。

期待できる効能としては、勃起に欠かせない血管拡張の作用で、何らかの理由で勃つことが難しい場合でも自然な現象を促せます。

いずれも錠剤タイプで、1回1錠を水等と服用するだけで患部へ働きかけてくれます。

医療機関発表の資料では、有効率80%とも記されており、手軽な治療法ながらも高い効果に期待できます。

そしてもう一種類、ICI療法も効果に期待できる存在です。

こちらは、陰茎へ直接注射で薬剤を投薬する点が特徴となっており、確実性が高まります。

持病や体質の影響で、服薬治療が難しい場合にも役立ちます。

このような方法を用いることで、EDは今や治療可能な病気となっています。

一人で悩まず、まずは病院へ相談に行ってみてはいかがでしょうか?

(まとめ)EDはどんな特徴をもつ病気なの?

1.EDとは、何らかの理由で勃起が難しい状態となる病気です

EDとは、勃起不全・勃起障害といった意味合いの、正常な勃起ができない状態になる病気です。

EDといっても、特徴や原因に応じていくつかの種類へと分けられます。

そのため、症状のタイプに応じた、適切な治療を検討することが大切です。

2.EDになるとどんな問題が起こるの?

ただ勃起ができないだけでも、大きなマイナスかもしれません。

ですがEDには、男として・人としての自信が持てなくなる、ストレスに繋がりやすいといった特徴も伴います。

あらゆる面で影響が懸念されるので、早めの治療が欠かせません。

3.EDにはどんな種類があるの?

勃起は、脳から放出される一酸化窒素と、陰茎から産生される、血管拡張物質の兼ね合いで起こります。

ですがEDになると、この仕組みがうまく機能しなくなります。

種類としては、器質性・心因性・薬剤性・複合型といったさまざまなタイプがあります。

4.ED改善に期待できる治療法って?

EDで長年悩んでいる人も、服薬治療や注射によって改善を期待することができます。

有効率は80%ともいわれており、高い確率で理想的な勃起へと繋げられます。

一人で悩まず、まずは医師へ相談してみてください。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。