ED全般のQ&A

 

EDって原因別に取り入れられる治療法もある?

 

状況によって特有の治療が勧められる場合もあります。


EDとは、何らかの原因で勃起が難しくなった状態の総称です。

まったく勃たない状況のほか、硬さが十分でない、途中で萎えるといった症状も同様に定義される場合があります。

そしてそうした症状は、原因ごとに特有の治療を施すケースが少なくありません。

有名なED薬による一時的な改善も重要ですが、やはり理想は根治により健康的な勃起を取り戻すことでしょう。

そういった意味で、原因に相応しい治療を試すことも有効となり得るのです。

また、いずれのEDに効果を期待できる改善薬が使用不可であるときも、そうした特有の治療は有効です。

ED改善薬は服用時の注意が少なくないため、そのケースも比較的多く見られます。

いずれにおいても、専門の病院で適切に診断、治療してもらうことが大切です。

原因ごとに提案される治療法って?

まず、EDに至るいくつかの原因からご紹介します。

代表的なものとしては、勃起するための機能に問題が起こる器質性ED、精神面が影響する心因性ED、他の病気治療で服用している薬が要因となった薬剤性ED、そしていずれかが合わさって起こる、複合型EDなどです。

それぞれにおいて提案される特有の改善策は、一時的な改善のみならず、根治にも期待が持てる方法として役立ちます。

例えば器質性EDに関しては、別の病気が関連して機能を害しているケースも多いです。

動脈硬化・高血圧・糖尿病・高脂質症などによる血流不全や、糖尿病性神経症・パーキンソン病といった神経系へ影響する病気、脊髄損傷・前立腺肥大手術における後遺症などです。

これらに関しては、まずそもそもの原因となっているこれら症状を治療・緩和することが、改善するための近道となります。

次に、心因性EDです。

こちらは精神的な部分であるため、体が健康であっても起こりやすいです。

ですが逆にいえば、気持ちの問題さえ改善できれば、健康的な勃起も期待できる訳です。

そのため、気分転換や生活リズムの改善、食生活を正すといった身近な方法が有効になります。

最後に薬剤性EDですが、こちらは、原因となった薬によって対策が異なってきます。

専門的な知識も欠かせないため、医師のアドバイスに従い、適宜実践してみてください。

有名なED改善薬が一時的にしか効果を現さない理由って?


現代において主流となっている効果的な改善法は、勃起機能へ直接的に訴えかけるタイプの服用薬です。

ですがそれらは、基本的に一時的な改善策としてしか期待できません。

服用タイプの薬が出だしたのは、2000年前後です。

それまでにない高い効果が期待できるため、「夢の薬」などとも呼ばれ画期的な存在として広まりました。

なぜそうした有効性を実現できたかといえば、それは有効成分にPDE5阻害と血行促進の作用が伴ったためです。

勃起抑制酵素であるPDE5をピンポイントに阻害し、そして勃起する上で重要な血流の増進作用を得られることで、多くの人が勃起促進に役立てられたのです。

ですがそれは、あくまで成分が効果を現しているときに限って期待できる作用です。

逆に常日頃からこの状況が連続して続く場合、低血圧や勃起の異常持続により、重篤な状況へも陥りかねません。

そうした理由から、服用タイプの改善薬は一時的な作用であるものが一般的なのです。

病院で受けられる治療の特徴について

病院での治療は、メリットばかりでもありません。

薬剤費以外に診察費等もかかることや、また薬を処方してもらう場合、薬価基準未収載薬で保険適用外となるため、全額負担が必要となります。

ですが、それらを踏まえてもなお、病院における治療は魅力的なものとなっています。

その理由にはまず、医療のプロである医師に相談できる点が挙げられます。

専門的な知識のもと、的確で安全なアドバイスを聞くことができます。

必要に応じて、血圧・脈拍・血液検査・尿検査・心電図の測定などもしてもらえ安心です。

個人では判断しかねる点も幅広く調べてもらえるため、より有効な治療に期待できます。

そして、薬を処方してもらう際、かならず本物が受け取れる点もその一つです。

当たり前のように感じられるかもしれませんが、インターネット上には多くの偽造薬が横行しているのも事実です。

効果が期待できない、副作用の危険性を伴うといった不安も、未然に防げます。

このように、病院を受診することには、原因に合わせた治療をアドバイスしてもらえる、安全性が高まるなど、お金に換えがたいメリットが感じられます。

ED治療の際は、かならず信頼できる医療機関を利用するようにしましょう。

(まとめ)EDって原因別に取り入れられる治療法もある?

1.状況によって特有の治療が勧められる場合もあります。

EDは、勃起が甘い、途中で萎える、またまったく硬くならないといった男性器に関わる病気です。

原因はそれぞれであるため、状況にあった特有の治療が提案される場合もあります。

専門の病院で、適切な診断、治療をしてもらうことが安心に繋がります。

2.原因ごとに提案される治療法って?

EDと一口にいっても、器質性・心因性・薬剤性などいくつか種類が存在します。

そのため、それぞれの原因に合わせた対策が効果的となる場合もあります。

総合薬の服用に、合わせて取り入れてみても良いでしょう。

3.有名なED改善薬が一時的にしか効果を現さない理由って?

ED改善薬は、効果的ですが一時的にしかその作用を得られません。

血圧を下げることによる血行促進で勃起状態へいざなうため、常日頃から作用させ続けられないのです。

そのため、やはり根本的な解決には原因それぞれへ向けた独自の治療法も欠かせません。

4.病院で受けられる治療の特徴について

病院での治療は、薬代以外の費用が必要な点や、保険適用できないなどデメリットも伴います。

ですがプロから受ける的確なアドバイスや、信頼できる薬の処方などは、それらすら凌駕する大きなメリットです。

ぜひ、医療機関を受診して治療に臨んでください。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。