ED全般のQ&A

 

EDってそもそもどういった症状なの?

 

EDは勃起するための機能がうまく働かない症状です


EDは、勃起不全・勃起障害などと呼ばれる、男性特有の症状です。

性的興奮や刺激を感じても、うまく勃起に至れません。

近年は医療関係の媒体のみならず、雑誌やテレビCMでもたびたび取り上げられるEDという言葉、耳や目にしたことがある人、少なくないことでしょう。

ですが、実際にどんな症状なのか、詳しく知らない人も多いかもしれません。

そのメカニズムをしっかり把握することで、より自分の症状を理解し、改善に臨むことができます。

また、EDと合わせて別の症状も併発している場合、治療は少し注意して行うべきです。

性生活の充実どころではない事態にも陥りかねないため、詳しく特徴を押さえておきましょう。

EDが起こるメカニズムって?

まず原因についてですが、これはいくつか存在します。

EDとは、勃起がうまくできない症状の総称であるためです。

代表的なものには、体の機能が正常に働いていない場合や、精神面で問題があるケース、病気や薬の副作用などが挙げられます。

これらが影響し、勃起のメカニズムを妨害してしまっているのです。

勃起が起こる流れとしては、まず性的興奮を感じた脳から、一酸化窒素が放出されます。

すると次に、陰茎からcGMPこと環状グアノシン‐リン酸が産生されます。

cGMPは周囲にある血管を拡張する作用があるため、血行を促進します。

これにより、陰茎へ充分な血液が流れ込み、硬く勃起する形となるのです。

ところがEDの場合、肝心なcGMPが充分に作られません。

そしてそれにとって代わり力を増すのが、PDE5ことホスホジエステラーゼ5番という物質です。

これは健康時にも存在するものですが、cGMP減少に伴い過多状態となってしまいます。

PDE5は、勃起を抑制するための酵素です。

EDとは、これにより、勃起がうまくできなくなってしまっている状態なのです。

この場合、一般的な精力剤などは効きにくいため、ED症状に適した治療法を取り入れることが重要となります。

ED症状を治療するには


かつて、EDに対する効果的な治療法は存在しませんでした。

栄養剤や興奮剤で煽ったり、手術で器具を取り付けるといったものは存在していたようでしたが、いずれも勃起機能そのものを蘇らせるものではありません。

そんな中登場したのが、”飲む治療法”です。

小さな錠剤を服用するだけで、手軽にED改善が期待できるとあって、登場以降大きな話題となり、今や定番的な治療法として広く親しまれています。

効能としては、前述に挙げたcGMPの減少を改善する訳ではないものの、血管拡張作用が期待できます。

それにより、不足していた血流を補うことができ、本来の勃起状態にも近い状態へと繋げられるのです。

あくまで、薬が効いている間のみの改善ですが、1日1錠使用できるため、頻繁に行為を楽しむ場合であっても充分役立てられます。

また、長期持続が魅力的なタダラフィルを有効成分とする薬であれば、継続使用により根治へ繋がる場合もあるそうです。

かつて治療不可であった症状も、今や完治すら夢を見ることができる時代となってきているのです。

別症状が併発している場合の服薬における注意点って?

効果的な服用タイプのED改善薬も、状況によって危険な存在となる場合があります。

それは、別症状の治療も同時に進めているケースです。

薬の飲み合わせに伴い、大きな副作用をも起こしかねません。

主なものとしては、硝酸剤や、ニトログリセリンに代表される一酸化窒素供与剤、その他血圧降下剤や、緑内障の薬などがあり、その数、挙げだすとキリがないほどです。

素人には聞きなれないような薬も多々存在するため、別症状併発時の安易な服用は避けるべきです。

特にバルデナフィルを有効成分とした、即効性の特長的なタイプは、禁忌に挙げられている薬が多いです。

ですが、専門の病院で正規に処方してもらえていれば、その点も安心です。

処方前に、専門知識を踏まえ、安全かどうかをしっかり確認してもらえるので、併用してしまう危険性を大きく抑えられます。

正規に展開されているED改善薬は、基本的に厚生労働省が認可した病院で処方できる薬であるためです。

正しい使用法から、併用薬や副作用に関する注意などもしっかり聞いて、安全かつ効果的に取り入れられるよう意識してみてください。

(まとめ)EDってそもそもどういった症状なの?

1.EDは勃起するための機能がうまく働かない症状です

勃起不全・障害など、うまく勃起できない症状をEDと呼びます。

広く使われる言葉となっていますが、詳しく理解することでより効果的な改善策を検討できます。

またED以外の病気症状を併発している場合、薬の使用には注意が必要なので気をつけましょう。

2.EDが起こるメカニズムって?

EDは、体内機能的なものから、精神的理由、病気や薬の副作用で起こるケースなど、さまざまな原因で現れます。

これは主に、cGMPという物質が陰茎から充分量産生されていないことで起こります。

改善には、EDに適した治療法が欠かせません。

3.ED症状を治療するには

定番的なED治療法としては、改善薬を服用する形が広く取り入れられています。

有効成分が不足したcGMPの代わりに血管拡張へ働きかけ、勃起を促進します。

基本は一時的な改善ですが、中にはタダラフィル錠の継続服用で完治できる場合もあるようです。

4.別症状が併発している場合の服薬における注意点って?

別症状を併発している場合、他薬との飲み合わせに注意するべきです。

硝酸剤や一酸化窒素供与剤をはじめとした禁忌薬と併用すると、大きな副作用にも繋がりかねないためです。

かならず病院で処方してもらい、注意点も把握した上で安全に役立ててください。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。