ED全般のQ&A

 

EDってどれくらいの年齢から起こるものなの?

 

中高年以上が多いものの、近年は幅広い年代で見られる症状となっています


自然にEDが起こり始める年齢として一般的なのは、中高年からです。

加齢や病気、心身の衰えに伴い、だんだん勃起が難しくなってきます。

ですが近年は、そうした年齢層が徐々に下がりつつあることも問題視されてきています。

20代前半、さらには未成年であっても、そのような悩みを抱えるケースが一部見られるようです。

思春期や恋愛盛り、働き盛りにおいてのEDは、さまざまなデメリットへも繋がるため、早期の治療が肝心といえます。

性行為が難しくなることはもちろん、日々の活力や自信、業績等、あらゆる面に影響を及ぼすためです。

近年ED治療の場で主流となりつつある薬を使用すれば、そういった心配は解消することに繋げられます。

ただ年齢に関して少し制限も伴うため、安易な利用はおすすめできません。

専門の病院で、相談した上で検討しましょう。

どれくらいの年齢層が特に注意すべきなの?

EDは、年齢と共に進行しやすいと考えておいてください。

そのため、中高年でも特に上の年代である60代男性に関しては、約半数もがEDを抱えているそうです。

勃起の必要性が薄れるため特に影響を感じない人もいるかもしれないものの、やはり元気であるに越したことはありません。

長きに渡る”現役”を目指すのであれば、効果的な治療は欠かせません。

次に多く見られるのは、その下の年代である50代です。

まったく勃起ができない完全型ED、そして場合によって勃起が維持できなくなる中等症ED合わせると、約三人に一人で症状が見られるそうです。

まだ職場で活躍している人も多い年代なので、自信や活力に繋がる勃起ができないことは、少し影響も懸念されます。

40代は比較的若いようにも感じられますが、この年齢層であっても約四人に一人は発症する傾向にあります。

とはいえ多くが中等症EDであるため、治療により改善できる確率は高いです。

EDは年齢に関わらず起こり得る症状ですが、中でもこれらの年代を生きる男性は、注意するべきです。

不調を感じたら、早めに専門の医師へ相談するよう心がけましょう。

若い世代にも増えてきている理由って?


若い時代は、意識せずとも自然と勃起ができるように思われがちです。

もちろん、健康な男性であれば、むしろ抑えるのに苦労してしまうといったところでもあるかもしれません。

ですが近年は、若くしてEDに悩んでしまうケースも少なくないようです。

20代はもとより、10代未成年にも一部見られるようです。

その理由は、一体どういったところにあるのでしょうか?

原因としてはまず、ストレスの多い生活を送っていることが挙げられます。

社会生活に学生生活・受験、人間関係など、近年は何かとプレッシャーの多い世の中です。

EDには精神的なストレスで発症する心因性タイプがあるため、こうした理由でも十分起こり得るのです。

またもう一点、恋愛や女性にあまり興味を持たない、草食系・絶食系男子などと呼ばれる層が増えていることも、その一つです。

勃起は、性的興奮に伴い起こる現象です。

興奮促すような対象を目にしたり触れたりしても、実際興奮に至る感覚がなければ、陰茎は反応しません。

興味がない、面倒くさいといった感覚が、自然とEDへと繋げてしまうケースです。

このように、若い世代でも十分ED発症の可能性は伴うため、年齢層に関わらず、注意しておくべきです。

ED改善薬の年齢に関する制限って?

ED治療法として近年主流となっているものに、服薬治療があります。

錠剤タイプで、1日1回、行為前の服用により、一定時間勃起を促すことができます。

有効成分の作用で血管を拡張し血流促進させ、ED特有のcGMP不足状態を補います。

通常の勃起メカニズムを自然にサポートできるため、違和感なく性行為へ臨むことができます。

またこの服用薬は、幅広い年齢に効果を現す点が嬉しい部分となっています。

精神的な理由でEDになった若者から、加齢や病気のため衰え感じる60代まで、高い効果が期待できます。

これもまた、メカニズムそのものを直接的にサポートするED改善薬ならではといえます。

ただ、20歳以下に関しては使用を避けなければなりません。

なぜなら、2016年現在展開されている主用なED改善薬は、すべて未成年における安全が確立されていないためです。

使用が向かないのはもちろん、基本的に処方自体もしてもらえません。

効果的な薬ですが、使い方一つで副作用に繋がる危険な存在ともなってしまいます。

年齢に限らず、受診時は医師の指導をしっかり聞いて、安全な治療に臨めるよう心がけましょう。

(まとめ)EDってどれくらいの年齢から起こるものなの?

1.中高年以上が多いものの、近年は幅広い年代で見られる症状となっています

通常EDが起こりやすい年代とされているのは、中高年以降です。

ですが近年は、徐々にそうした年齢層が下がりつつあるため、若いからといって安心できません。

EDはさまざまなデメリットに繋がるので、効果的な治療で早期改善を検討することが大切です。

2.どれくらいの年齢層が特に注意すべきなの?

EDが特に現れやすい年齢は、中高年代です。

年を重ねれば重ねるほど発症の可能性は高まる傾向にあり、60代で二人に一人見られるのに対し、40代なら四人に一人という割合です。

デメリットの多い症状なので、早めに治療を検討しましょう。

3.若い世代にも増えてきている理由って?

前述の通り、中高年に多く見られるEDですが、若い世代でも実は増えてきています。

ストレス社会や人間関係から受けるプレッシャーや、”草食系”特有の感覚により、メンタル面からEDへ繋がるパターンです。

若いからといって、安心はできません。

4.ED改善薬の年齢に関する制限って?

ED治療において近年主流となっているのは、薬を用いた効果的な服薬治療です。

ただ20歳以下では基本的に使用できないため、この方法が適しません。

その点踏まえ、クリニック受診時は医師の指導をしっかり聞いて治療に臨みましょう。

EDの治療は専門クリニックにご相談ください!

EDの悩みは専門医に相談するのが
最も効果的です。

医学根拠に基づいた専門クリニックで治療をすることで多くの方が悩みを解消されています。

クリニックの選び方

ED治療

おすすめクリニックはこちら